■プロフィール

蓼科タロー

Author:蓼科タロー
タローの蓼科的リゾート研究所へようこそ!
蓼科でのリゾートライフ、別荘生活の楽しみと、春夏秋冬の風景を皆様と分かち合いましょう。

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
箕輪町 赤そばの里 赤そばの花祭り
DSC06549赤そばの里

蓑輪町の「赤そばの里 赤そばの花祭り」に行ってきました(9/28)

花の見頃:9月中旬~10月中旬(満開は9月末の前後1週間のことが多いです)
2013年は、開園は9/15~10/5。赤そば花祭りは9/28~29。9/15に「オープンセレモニー」)
料金無料(ただし、ソバ試食は500円・ソバ打ち体験は1,500円等)

と言うことでこの週末の28,29は赤そば祭りで、公民館で赤そばの試食が出来るとあって大変な賑わい、になるだろうと朝10時過ぎには現地入りしました。が、辰野のホタルと同じで町あげてのイベントですから、そこはかとなくほんわり感も漂い、駐車場もあちらこちらに用意されていて、それほどの混乱はありません。
場所は中央道伊北インターから10分、道案内看板があります。ナビには箕輪町上古田(公民館)で入れるといいでしょう。

DSC06556赤そば魚眼

赤そばは弱く、普通のそばと一緒に育てると交配ですぐに白くなってしまうのだそうで、赤そばの畑は他のそば畑とは離れた山の中にあります。種は毎年種苗会社から購入しているといっておりました。

昼過ぎには戻りました。(休日高速50%割引はいいですね~)

スポンサーサイト


観光/花 | 09:22:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
蓼科 大河原峠→双子山→双子池→亀甲池→天祥寺原→大河原峠
DSC06500浅間展望
大河原峠から浅間山のパノラマ展望

9月5日の読売新聞夕刊 みなみらんぽう一歩二歩山歩「双子山 入門最適 至福のコース」の記事に誘われて、おんなじコースを行ってきました。大河原峠までは車で入ります(50台程度の駐車場、ヒュッテ、公衆トイレ有)。そこから30分ほどで笹原の草原が広がる二子山山頂(2224m)、ここで戻れば楽勝でしたが、ヒュッテ横のコース案内に双子池まで15分と書かれていたので池へ向かって降りましたが、急な下りを30分かかりました。そこを登り返す気にもならず、遠回りながら登りがやさしいという亀甲池→天祥寺原コースへ廻りました(双子池→亀甲池の間は岩ごつごつのきつい上下があります)。結局、4時間弱の山歩となりました。
草臥れました~ お気軽な草原歩きとは違いますから、それなりの支度とお気持ちでどうぞ。
これが入門コースなら、すぐ破門されそうです。

DSC06474双子池雄池

DSC06482雄池
紅葉はあと1,2週間かかりそうでした。



観光/風景 | 07:46:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
台風一過とはいかず
DSC06442_850.jpg
茅野あたりでは刈入れはまだのところが多いようですが、多分この週末にいっせいにやるのではないでしょうか。
先だっての台風18号はこのあたりを直撃しましたので、今回の20号も農家の人は心配だったと思います。どうやらあっちのほうへいってくれたようで、午後3時ごろまで風が吹いていましたが5時ごろには止みました。田んぼの上にもどんよりとした雲がかかって、台風一過の晴天とはいきません。それに日差しが一日なかったので寒い、現在11度を切りました。

大雨や台風の時は、東急の管理センターから別荘地の状況報告メール(雨量とか道路状況)が適宜入ります。そういう意味では大手の実績のあるところは安心ですね。



天気 | 21:41:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。