■プロフィール

蓼科タロー

Author:蓼科タロー
タローの蓼科的リゾート研究所へようこそ!
蓼科でのリゾートライフ、別荘生活の楽しみと、春夏秋冬の風景を皆様と分かち合いましょう。

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
霧ヶ峰 車山のニッコウキスゲ 開花情報 2013/07/13
DSC05480車山ニッコウキスゲ_1200
霧ヶ峰 車山へニッコウキスゲを見に行ってきました(7/13)
朝起きれば曇りで20度、 天気予報は曇り時々雨 どうしようかなあーーと思いましたが、他の選択肢も思い浮かばず車山へ行ってきました。
「池のくるみ」からあがり、霧が峰十字路着10時過ぎ、やや出遅れましたが天候のせいか、「車山の肩」以外は駐車場にもまだ余裕がありました。
写真は富士見台です。
鹿の食害がひどくて電柵の中側だけ咲いてました。まだ蕾も多くついていましたのでもう少しは楽しめそうです。
DSC05456車山ニッコウキスゲ_1200

DSC05511車山ニッコウキスゲ_1200

美ヶ原へ廻るつもりでしたが天気がはっきりしないのでグライダー滑空場(飛んでいなかった)方面へ足を伸ばして、長塚節の碑まで歩いてきました。途中のアーチ型の鐘モニュメントは平林たい子の記念碑だとあとで知りました。
-----------------------
名が示す通り、霧ケ峰は深く濃い霧で覆われることが多く、濃霧の日にハイカーに方向を知らせるために、1959年(昭和34)、蛙原の頂上に霧鐘塔が設置された。霧のない日にはトレッキングの目印にもなる塔には、諏訪市出身の小説家・平林たい子による『鐘がものをいふ、霧が霧だと 鐘がものをいふ、生きろ生きろと』という歌詞が刻まれている。
DSC05527霧鐘塔
関連記事


観光/花 | 17:35:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。